家の中でも外壁は、風雨にさらされ、特に積雪地である北海道は、最も大きなダメージを受けやすい部分で、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
また残念ながら、以前の施工時のミスによって何らかの不具合が起きて来ている事もあります。
当社では建物全体の状態を点検してから、気候条件・予算その他も考慮して、最適な補修・貼替えなどの提案をさせていただきます。


外壁補修事例
◆外壁補修事例(K氏邸)
築30数年を経て、屋根からの落雪の影響もあってひどく傷んでしまった部分の補修の相談でした。全体的な傷みも進んでいますが、予算に制限があり、屋根の補修も必要だったので、外壁は一面のみの工事となりました。既存壁との違和感がなるべく無いように、材質・色を考慮しました。
(before) (after)

サイディング工事事例
◆金属サイディング重ね貼り事例(H氏邸)
築20年の窯業系サイディング貼りの住宅で、全体的に傷んでおり、全面のサイディング工事のご依頼でした。
鉄骨住宅のため、既存壁をはがしての貼り替えにはリスクもあるという事で、金属サイディング重ね貼りでの工事になりました。
重ね貼りの場合は、既存壁の不具合箇所をきちんと補修して防水処理を行います。
新しいサイディングの貼り方のデザインを4パターンほどシュミレーション提案させていただき、お客様に選んでいただいたきました。
(before) (after)

◆金属サイディング貼り替え事例(N氏邸)
中古で購入された住宅で、外壁の傷みが気になるだけでなく、室内の結露や2階部分の冬の寒さにも悩まされていたとのことで、全体の断熱材や柱等の状態も確認して耐震補強もできる方法という事で、金属サイディングでの貼り替え工事をご提案させていただきました。
(before) (after)
(before) (after)

◆窯業系サイディング貼り替え事例(T氏邸)

海が比較的近いという土地柄でもあり、錆を呼びやすい金属ではなく窯業系サイディングでの貼り替え工事となりました。貼り方のデザインを4種類ほど提案させていただきましたが、最終的には色は1種類でを選択され、アクセント飾りをつけました。
(before) (after)

◆金蔵サイディング・一部窯業サイディング重ね貼り貼り事例(石狩N氏邸)
最初から使用したいサイディングが決まっているお客様でした。
縦ストライプで1、2階に継ぎ目の無いタイプをご希望でしたので、金属サイディングの弱点である「衝撃で凹みやすい」という事と、施工構造上、補修したくても一部だけの交換ができないという特徴を考慮し、ぶつけてしまいやすい玄関周りを補修のしやすい窯業系サイディングを使用してデザイン的にもアクセントを付けました。
(before) (after)


ご質問、ご相談は遠慮なくメールでお送りください⇒