築30年住宅の水回りをセットリフォームしたA氏邸事例

お客様のご要望

「浴室が寒く、流し台も古くなっているので、水回り全体をリフォームしたい。しかし、予算があるので、その範囲内で、使えるものは使って、できるだけローコストに。」というご要望でした。

浴室

最新のユニットバスを組み込むことになり、この工事の機会にこれまで断熱材の入っていなかった床下も含めて新しい断熱材・グラスウールを入れる工事を行いました。

断熱材の入れ込み作業

ユニットバスそのものに断熱材が装備されているものもありますが、製品価格が高くなります。今回のように別に断熱材を入れた方がコストを抑えられるケースもあり、当社はユニットバス交換では必ず断熱材工事を行います。

※今回採用のユニットバス(カタログより)
もともと北海道のメーカーで北海道仕様に強いパナソニックエコソリューションズAWEの製品です。

洗面所

床置き型給湯ボイラーが洗濯機のすぐ前にある状態で、洗濯機が使いづらい状態だったので、給湯ボイラーを壁かけタイプに交換。
その他に、今回はサービス工事として、隣り合う浴室ドアとトイレドアの間に目隠しのためのカーテンをつけられるように、カーテンレールを造作しました。



キッチン

リフォーム用システムキッチンへの交換を希望されましたが、「現在使用している置き型の食洗機をシンク横におきたい」という条件で、既成のタイプでは希望に見合うサイズ構成の天板のメーカーが無く、特注で割高になってしまうことがわかりました。
そこで、スタンダードな2550幅のI型キッチンを選び、シンク横側に、造作で食洗機用の台を作る事にしました。台の下は、あえて開けておき、可動棚や、ワゴン、ゴミ箱等、お客様が自由に使いやすい物を選択できるようにしました。



トイレ

ウォシュレットは、現在使用している物がまだ新しかったのでそのまま使用し、ベース部分とタンクのみを新しい物を選択できるようにしました。


洗面化粧台

既存のまま。
(既存の物を一度外して内装工事を行い、元に戻しました)


A氏邸セットリフォームの工程


お問い合わせ・お見積り依頼・お申し込みはこちらから