リフォーム減税というのがあると聞きました。どのうように活用すればいいのでしょうか。


今までは、住宅関係の減税はローン減税が主でしたが、平成21年度から、一定のリフォーム工事について、ローンを組まずに自己資金で行っても所得税の還付が受けられる減税制度(投資型減税)が導入されました。
現在、一定の条件を満たしたリフォーム工事を行なうと、確定申告で「所得税の控除」や、市区町村に申告することで「固定資産税の減額」を受けることができます。
どのようにすればよいかについては、「住宅リフォーム投資型減税」の解説を行っているサイトをご紹介します。
当社では、現在利用できる減税制度を使って、お得にリフォーム工事を行えるようにお手伝いしています。お気軽にご相談ください。
「住宅リフォーム投資型減税」の解説をしているサイト


ご質問はこちらからどうぞ